当サイトでは今、1番選ばれている人気の住宅ローンをご紹介。
戸建?マンション?初めての方も、借り換えの方も住宅ローンを検討中の方はぜひ一度ご確認ください。

最新ランキングを今すぐ見る!

夢のマイホームの購入。
「住宅ローンは、できれば金利も安くて、無理なく無駄なく支払える自分に合った住宅ローンを選びたいけど、どれを選んでいいのかよく分かりません…」

困った最近では、銀行間の住宅ローン競争の為に、内容がどんどん複雑になってきています。

住宅ローンを選ぶ時は、ついつい金利が安い所に目がいってしまいがちですが、
あなたは本当に自分に合った住宅ローンを選べていますか?

当サイトでは、今 現在 】住宅ローンを選ぶなら!
ということで、最新の住宅ローンの選び方のポイントと人気ランキングをご用意しました。
どの住宅ローンを選んでいいのか、何を基準に選べばいいのか迷っているあなた必見のサイトです。

住宅ローンを選ぶ4つのポイント!

このポイントを押さえておけば、自分で納得しながら住宅ローンを選ぶことが出来ます。
是非参考にしてみてくださいね。

1: 今選ぶなら「変動金利」の住宅ローンで決まり!

住宅ローンを選ぶ際、はじめに金利タイプを選択しますが、とにかく低い金利を目指すなら「変動金利」。
ずっと変わらず安定した金額を支払いたのなら「固定金利」を選ぶといいと言われていますよね。

現在、住宅ローンを選択するなら断然「変動金利」がオススメです。

デフレの長期化で、今後も続くと予想される低金利対策により、住宅ローンの変動金利が固定金利よりもかなり低くなっています。 現在の金利の見通しとしても、当面金利は上昇しないという認識でいいと思います。

変動金利のメリットは、【金利が上昇すれば固定金利に変更できる】こと。
そして、【ボーナス時など、繰上返済を利用することで、元本返済を進められる】こと。

変動金利で不安な方は、固定と変動を組み合わせてリスク対応が出来るミックス金利もオススメです。

2: 繰り上げ返済手数料は無料を選ぶ!

住宅ローンは、金利固定期間を短めにして金利を抑え、繰り上げ返済を進めることで本元返済を進め、
総返済額を減らしてあげることが重要になりますが、

肝心の繰り上げ返済手数料が数千円〜数万円かかっていたらどうしようもないですよね。

もちろん、繰り上げ返済手数料無料の住宅ローンを選んであげることも重要になります。

3: 借り入れは「総合的なコスト」を比較するべし!

住宅ローンを選ぶときは、ついつい金利が安いところに目が行きがちですよね。
ですがそれは、表面に見えている金利(コスト)です。

住宅ローンは、
元金と金利だけを払えばいいというものではなく、保険料や各種手数料が別途発生します。

先にお話した、繰り上げ返済手数料もそうですよね。

この保険料や諸費用は、年利に換算してみると約0.2%の金利に相当する場合があります。
表面の金利だけではなく、保険料と諸費用を含めたトータルコストで住宅ローンを選ぶ必要があります。

4: ちょっと待って!その金利優遇条件は大丈夫ですか?

住宅ローンの金利を優遇してくれる銀行も多くあります。

ですが、優遇する代わりに条件を設けている銀行が多く、「給料振込みを条件」にしていたりと色々な条件を満たさないと優遇されない銀行もしばしば・・・。

条件に縛られると、借り替えもしにくく、負担が増える一方ですので、条件の無い住宅ローンを選ぶ事をおすすめします。

【以上、4つのポイントに注目し、今一番選ばれている住宅ローンを比較していきたいと思います!】

最新 住宅ローンランキング!

この表を見れば一目瞭然!

表面上の金利(コスト)だけではなく、見えないコスト(総合的なコスト)もしっかり比較して、あなたに合った住宅ローンを選びましょう。

現在 】 住宅ローン金利比較 人気ランキング

順位 銀行名 保証料
(年0.2%
相当
)
事務
手数料
団体
信用
保険料
実質金利で比較!
( )内は表面金利
金利
優遇
条件
繰上返済 ミックス金利 詳細
変動
金利
固定
10年
固定
30年
ネット手続き 手数料
1位 新生銀行 無料 50,000円 無料 0.880%
1.380%
2.250%
なし OK 無料 あり 詳細

こちら
2位 住信SBI
ネット銀行
無料 2.16%
(年0.2%
換算
)
無料 0.650%
1.250%
2.730%
なし OK 無料 あり 詳細

こちら
3位 イオン銀行 無料 108,000円 無料 0.770%
(0.570%)
1.50%
(1.30%)
公共
料金
振替等
来店 一部
無料
なし 詳細

こちら
4位 みずほ銀行 あり 32,400円 無料 1.275%
(1.075%)
1.75%
(1.55%)
2.30%
(2.10%)
給与
振込等
OK 一部無料 あり 詳細

こちら

現在選ばれている住宅ローンは、

新生銀行の住宅ローンです!

新規の方にも、借り換えの方にもオススメ出来る新生銀行の住宅ローン。まずは資料請求から始めませんか? >>資料請求はこちら

1番人気!新生銀行の住宅ローン!

保証料・繰上返済手数料・団体信用生命保険料が、0円!

お得!住宅ローンNo.1→ 新生銀行 住宅ローン

変動金利の総合的なコストが最も低く今一番選ばれてます!

■ 繰り上げ返済手数料無料+ネットから1円単位で返済OK!
■ 普通預金残高が一定金額以上なら自動繰り上げ返済も可能
■ 新生銀行なら繰上返済を上手く利用して早期完済を目指せる!
保証料が0円なので初期費用の負担をぐっと減らせます。
■ 低金利なのに、金利優遇条件なしでローンを組めるから安心!
■ 専門スタッフが住宅ローンの疑問を解決してくれるので安心。
■ 残存期間にかかわらず、最長35年間での借り換えが可能

まとめ
新生銀行の住宅ローンなら諸費用が少なく済み、その分を頭金に回せば借入額を減らすことも可能。手数料無料の手軽な繰上返済を利用して総返済額を効率的に減らすことも可能です!

おすすめ!住信SBIネット銀行住宅ローン

オススメ→ 住信SBIネット銀行住宅ローン

固定金利が他社に比べ1番低金利なのが住信SBIネット銀行

■ 繰り上げ返済手数料無料+ネットから1円単位で返済OK!
■ 通常+0.3%程かかる8大疾病保障が無料!これはおトクです。
■ 「変動金利」+「固定金利」のミックス・ローンも選べます。
保証料が0円なので初期費用の負担をぐっと減らせます。
事務手数料2.16%と高くなっていますが、表面金利は低く設定。
■ 手続きはネットと郵送で完結するので、らくちん。
■ 住信SBIネット銀行利用なら、他行宛手数料月3回まで無料

まとめ
住信SBIネット銀行の住宅ローンは、疾病保険を無料でつけたい人にオススメ!繰上返済手数料無料・1円から返済OK。事務手数料が2.16%(表面金利に+0.2%)ですが固定金利は最も低いです

オススメ→ イオン銀行の住宅ローン

変動金利も低く、短期固定で選ぶならイオン銀行住宅ローン

変動金利が他社に比べて低金利!
3年固定、5年固定、10年固定など短期固定が低金利!
■ イオングループでのお買い物が毎日5%OFFに!
■ 8疾病保障付き住宅ローンも選べます。
保証料・一部繰上返済手数料が0円
■ 相談〜受付、借入れまで住宅ローン専門スタッフが対応!
借り換え希望の方から選ばれています。

まとめ
短期固定金利が魅力的なイオン銀行の住宅ローン。
ローン残高1,000万円以上、残期間10年以上、金利差1%以上のあなたは、イオン銀行に借り換えると<お得>になります!

迷っている方は、上記3社の無料の資料請求や、シュミレーションから始めることをオススメします。

住宅ローンを借りる時の注意点!

注意【 住宅ローンの審査には時間が掛かる場合があります。 】

特に人気の住宅ローンは、申請してすぐに審査→承認!とは行かない場合があります。
とくに金利の低い現在は、申し込みが集中する傾向がありますので、1ヶ月以上かかることもしばしば・・・。

いざ借りたい!と思った時に間に合うよう、早めに審査の申し込みをしておくことが大切になって来ますので、
気になる住宅ローンがあれば今直ぐにでも審査に申し込んでおくとスムーズです。

審査は無料ですし、審査に通ったから必ず借りなくてはいけない。というものではありませんので、
「購入に間に合わなかった…。」「借り換えのタイミングに合わなかった…。」

など後で後悔をしないように、早めに審査を申し込んでみてくださいね^^

そして、もう一つ!

注意【 住宅ローンの審査に落ちてしまう場合もあります。 】

住宅ローンの審査を実際に行った人で、
意外と「住宅ローンの審査に落ちてしまった!」という声が多いのはご存知ですか?

その数はだいたい10〜20%位の方が不合格になる可能性があると言われています。
もちろん、借入金額や期間の調整をすることで合格することもできる場合もありますが、頭金を増やすのも難しい。。

いざ審査をして、長期間待って不合格だった。 なんて事も起こる可能性はあります。

そんな失敗をしないように、住宅ローンの審査は複数社申し込みをしておくと安心です。

■今1番選ばれている住宅ローン→ 新生銀行住宅ローンで無料の審査申し込みはこちら!
■8大疾病保障がなんと無料!当サイトオススメ住宅ローン→ 住信SBIネット銀行住宅ローンの審査お申込みはこちら
■フラット35が気になっている方は、業界最低水準の金利を提供してくれるコチラ!→ 楽天銀行【フラット35】
■借り換えを検討している方はこちら⇒借り換え専門マイスター

当サイトが、あなたの求めていた住宅ローン選びの参考になりましたら幸いです^^