住宅ローン審査に受かる秘訣では、住宅ローンの審査に不安を抱かれている方も必見。どうやって住宅ローンに受かるのかの、ノウハウをお伝えいたします。

住宅ローン比較サイトには載っていないコツをあなただけに、こっそり教えます。

住宅ローンを考える

住宅ローンを色々と検討しているとこんな疑問がわきますよね。

「公的金融機関は審査や条件をクリアできるか・・・、民間だと金利が高いしなぁ・・・」

そこで、このサイトでのオススメの住宅ローンの選び方を公開します。

ポイントは5つ
1、変動金利か固定金利を選択
2、金利だけではない総合的なコストを比較
3、繰り上げ返済手数料を見極める(できれば無料)
4、申込み時の金利優遇に過度な条件がないか確認する。
5、既に申し込んだ方の口コミを見る

とりあえず上記5つのポイントを押さえて納得できる住宅ローンがあれば失敗する事はないでしょう。
しかし変動・固定金利の見極めは市場動向によっても大きく変わり中々個人で判断するのは難しいので専門のアドバイザーがいる住宅ローン会社で申込み前にしっかり相談する事も大事です。

オススメのNo1の住宅ローンはこれ!

変動金利型では0.980%〜、固定金利型では、10年で1.70%、30年だと2.45%
いまなら金利年0.1%ず〜っと優遇キャンペーン中の新生銀行です。
新生銀行の住宅ローン

新生銀行の住宅ローンがイチオシな3つのポイント

ポイント

ポイントその1:保証料が0円!!
その他の住宅ローンによくある数十万円かかる保証料が無料なので初期費用が少なく断然お得。

ポイントその2:繰り上げ返済手数料も0円!!
もしもの借り換えでの繰り上げ返済や、資産に余裕が出た際の一括返済時の手数料が無料。

ポイントその3:信用生命保険が無料!!
万が一の時に家族に負担をかけない保険も全て新生銀行が負担してくれます。

新生銀行の住宅ローンはなんで人気なの?

人気

人気の理由その1:総支払額でとってもお得!!
もちろん最高水準の低金利ですが、保証料や保険料など諸費用も安く、金利だけでは見えないお得があります。

人気の理由その2:新生プラチナがお得!!
口座も最高ランクのプラチナになるので引き出し・振込手数料も円定期も外貨預金も全てがお得。

人気の理由その3:専門スタッフが親切!!
サポートが充実しているのはやっぱり大事、住宅ローン専用コールセンターもあるのでなんでも気軽に質問ができます。

まずは資料請求から

新生銀行住宅ローン 新生銀行住宅ローンを選んだみんなの口コミ
「色々と比較しましたがトータルコストで決めました」
「今住宅ローンを組まないでいつ組むの?って程の低金利ですね」
「専門スタッフの方にはだいぶ相談にのってもらいました。お世話になりました」
「憧れのマイホーム。毎日帰宅するのが楽しみです。初めのシミュレーションより安く計画で組めたのでその分趣味の予算に回せています」
「実は他の会社にも相談したり仮審査もしましたが、どこよりも迅速で親切だったので決めました。」
まずは資料請求から新生銀行はこちら

住宅ローンの選び方

住宅ローンはどこで借りても同じと考える人も多いのですが、
現在では住宅ローンを取り扱う金融機関も大幅に増え、 商品サービス内容は多様化しています。

新築住宅の購入のためだけでなく、中古マンション、中古住宅、リフォームなどの目的に対応する
ローンも多く、あなたのニーズにあった商品をしっかり比較して探しましょう。

では、住宅ローンはどのように選べばいいでしょうか。

やはり一番のポイントは実質金利が低いことです。
また、借入限度額など融資条件が自分にあっているかどうかもチェックする必要があります。
おすすめ会社だけではなく主要住宅ローン全ての金利を一覧比較するにはこちらが便利です。
最新住宅ローン金利比較ランキング

ローンとは?

住宅ローンを決める前に、ローンについて考えて見ましょう。

ローンとは、金融機関から消費者がある目的のためにお金を借りることです。
これには各社の審査基準に基づいた審査があります。

結婚・出産・マイホーム・子どもの教育など、貯蓄だけではお金が不足する場合や、
突然の出費でお金が必要になる場合などに使われるのが一般的です。

ローンの種類

では、ローンの種類はどんなものがあるのでしょう?

ローンの種類は2つあります。
1.使途が限定されたローン
  (住宅ローン、マイカーローン、他の目的別ローン)
2.使途が自由なローン
  (フリーローン、カードローン)

一般的に同じ金融機関であれば、使途が限定されたローンの方が使途が自由なローンに比べて
金利が低く設定されています。例えばあなたがリフォームローンの為に当サイトへ訪れたのならば審査の厳しい住宅ローンではなくその他のフリーローンを選ぶという選択肢もあります。
例えば最近では車の購入ローン審査に落ちた人が銀行系カードローンを選ぶケースも増えています。
しっかりとニーズに合わせた賢い運用・融資を検討しましょう。

当サイトのコンテンツ項目一覧

住宅ローンの知識
住宅ローン比較一覧
新規借入
借り換え
住宅ローンの金利
住宅ローン本 top10

実は私も住宅ローンを利用しています。

はじめはインターネットで色々なサイトで用語から調べたり各サービスの金利を比較して、自分でどれが良いかを決めるまで非常に時間が掛かったのを覚えています。ですので、私が苦労して手に入れたちょっとしたコツや営業トークではない情報を皆さんにもお伝えしたいと思います。
「このサイトがあったおかげで住宅ローンで悩まずにすんだ!」そんなサイトになれれば幸いです。
また最新のランキングについては当サイトの親サイトに当たる住宅ローンランキングマイスター「http://www.mscompany.jp/」でも金利や最新ランキングをご紹介していますので参考になれば幸いです。



最新ニュース一覧
  • GOOGLEニュース・・・検索エンジン世界最大のグーグルで経済情報もチェック
  • Yahoo・・・最新の話題、ヤフーニュースも参考になります。
  • ネットで買えば断然お得!お買い物なら楽天市場
  •