借り換えにおいても条件を満たしておくことで減税が可能です。その条件とは?

HOME  >  住宅ローンの借り換え  > 減税条件とは
最新 住宅ローンランキング!
最新ランキングを今すぐ見る!

借り換え時も適用される減税条件とは

住宅ローンの借り換えでも減税条件を満たしていれば、減税を受けることが可能となっています。

その条件というのは、新しく組むことになるローンが、当初の住宅ローンの返済のためであるということと、新しく組む住宅ローンの償還期間が10年以上であることがあげられます。 住宅ローンの借り換えをうまく行うことで、非常に大きな節約効果がありますので、ぜひ検討してみてください。 その際には、気をつけなければならない点がいくつかありますので注意が必要です。

減税の条件もそうですが、借り換えには諸経費がかかるので一見安くなりそうと思って申し込んでみたら、実際にはそれほど変わらなく、時間だけ無駄につかってしまった。 逆によりお金がかかってしまうケースもあるので注意しましょう。

受託減税というのは、あたらに住宅を購入した人を対象に、確定申告をするか、あるいは年末調整によって、その年の末のローン残高の0.5%?1.0%程度が減税されるというものです。 ただし、住宅ローンの借り換えをすることで、減税条件を外れてしまうことがありますので、借り換えをする際は十分注意が必要です。

住宅ローンの借り換えを行い、なおかつ住宅ローン減税の対等となるには条件があります。

ひとつは、新しく組むことになるローンが、当初の住宅ローンの返済のためのもであることです。 もう一つは新しく組む住宅ローンの償還期間10年以上であることとなっています。

それほど難しい条件ではありませんが、しっかりと計算した上で考えないと、よりよい条件にかえるはずが、余計にお金がかかるということになるケースもあります。

1番人気!新生銀行の住宅ローン!