借り換えの際にもその他諸経費、手数料を確認しないと以外と金額がかさみお得感が薄れる事があります。保証料をしっかり確認しましょう。

HOME  >  住宅ローンの借り換え  > 保証料を確認しよう
最新 住宅ローンランキング!
最新ランキングを今すぐ見る!

借り換えを行う際の保証料の仕組みとは?

住宅ローンの借り換えを行う場合、いろいろな諸経費がかかってしまいます。 その中には保証料というものがあり、諸経費の多くの割合を占めるのがこの保証料なのです。 そこで、より諸経費を安く済ませたい場合は、保証料無料の住宅ローンなんかも存在しますので、それを利用するのもひとつの手です。

ただし、保証料が無料でもジム手数料が高い金融機関もありますので注意が必要です。 あと、保証料を安くしようと思ってその金融機関を選んだけれども、トータルとしては保証料が高くても金利が低いところの方がトータルでは安くなるというケースも十分に考えられるので、 実際にしっかりと計算することをオススメします。

ぜひいろいろな金融機関を検討してより安く借り換えができるように調べてみましょう。 住宅ローンの借り換えの中でかかる費用の中に保証料というものがあります。

保証料は借り換えの諸経費の中でも多くの割合を占めるものですので、どれくらい保証料を少なく抑えるかというのもひとつのポイントになってきます。

保証料にはいろいろな支払い方法があり、当初一括で支払う外枠方式以外に、金利に上乗せして支払う内枠方式があります。 この内枠方式であれば、金利の優遇などをうまく活用すれば実質保証料を無料にすることも可能です。

また、金融機関によっては、そもそも保証料が無料の住宅ローンを用意してあるところもありますので、うまく活用できれば非常にお得です。 ただし、事務手数料が高かったりする場合があるので注意が必要となります。

1番人気!新生銀行の住宅ローン!