ずばり住宅ローンの借り換えするメリットというのはトータルコストを下げることにあります。

HOME  >  住宅ローンの借り換え  > 借り換えするメリット
最新 住宅ローンランキング!
最新ランキングを今すぐ見る!

借り換えするメリットとは何があるのでしょうか

住宅ローンの借り換えするメリットというのはトータルコストを下げることにあります。

どんだけ金利が安くても、トータルコストが下がらなければ本末転倒となってしまいます。例えば、最初にローンを組んだときよりも年収が上がった場合、いままでよりも金利の低い条件のよい住宅ローンを借りれるということもあるでしょう。

また、変動金利でローンを組んでいた人はこれから金利が上がる可能性が高いですので、固定金利に変更するのも将来的にコストダウンするためのひとつの戦略となります。 ただし、借り換えをする場合、気をつけなければならないのは、保証料などの諸経費がかなりかかることと、減税の対象外にならないように注意が必要となってきます。

住宅ローンを借り換えするメリットというのはなんといっても、支払い総額を減らすことにあります。住宅ローンの場合、長期年数借りる場合が多いですから、その間にライフスタイルの変化や、大きな経済的な変化を起こることも多々あります。

いまではいろいろな金融機関が住宅ローンのサービスを提供していますので、昔は一番金利が安かったところでも、いまでは違う金融機関の方が安いということはどんどん起こってきています。

そんなときに、手続きが大変だからということで、借り換えを行わないでいると、何十万、何百万という差になってでてきます。得に変動金利を採用している住宅ローンを借りている人は、今後、金利の上昇が考えられるので、固定金利に変えておく方が将来的にはお得かもしれません。

1番人気!新生銀行の住宅ローン!