住宅ローンの借り換えを行う際は、借り換えのシミュレーションを行うことが大切です。

HOME  >  住宅ローンの借り換え  > 借り換えのシミュレーション
最新 住宅ローンランキング!
最新ランキングを今すぐ見る!

入念なシミュレーションでコストを把握しよう

住宅ローンの借り換えを行う際は、借り換えのシミュレーションを行うことが大切です。 ある程度金融機関の選定が終わったら、窓口に相談すれば返済シュミレーションを行ってくれますので、それを元に具体的にどれくらいの金額がかかるかを知ることができます。

住宅ローンの借り換えには、保証料などの諸経費がかかる場合がありますので、ただ、金利のシュミレーションをするだけではなく、トータルコストでのシュミレーションをしなければなりません。 例え、金利が低くても諸経費が高ければ、借り換えの意味がない場合もありますし、また、借り換えを行うことで減税の対象外となってしまう可能性もありますので、それらのミスをなくすためにもシュミレーションが必要です。

借り換えのシミュレーションで大切なことは、保証料などのすべての諸経費も含めてシュミレーションすることが大切です。 どんなに金利が安くても、保証料などの諸経費が高くて、結局は、借り換えてもそれほど金額を減らすことができなかったというケースもありますし、最悪の場合は、金額を減らすどころかトータルではコストが上がってしまったというケースもあるかもしれませんので、注意が必要です。

あとは、現在住宅ローンの減税を受けている人は、住宅ローンの借り換えを行うことで減税の対象外となる可能性がありますので、その辺もしっかりとチェックしてシュミレーションしなければなりません。トータルコストでのシュミレーションが大切になってきます。

1番人気!新生銀行の住宅ローン!